少子高齢社会に対応した町に

日本の将来人口推計による、50年後の見通しは女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)が2002年の前回推計の1.39から大幅に低下し、1.26となります。それに伴い、人口減少は加速し、2046年には1億人を割り2055年には8993万人に。そして、65歳以上の高齢化率は人口の40.5%になると言います。葉山町は全国平均を上回る速さで高齢化率が進んでいます。それは、葉山町が温暖で暮らしやすい町だからでしょう。国の政策では医療や介護制度の改正に寄って、高齢者の暮らしはますます厳しいものになっています。

 一方、一貫した子育てしやすい環境づくりはまだまだ整っていません。いつもいつまでも住んでいて良かったと思える町を目指します。

私は次のように提案します。

Wing 関連記事


Loading